「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」

【背景】

近年、進学率の上昇、国際化の進展に伴う外国からの留学生、教育内容の多様化や高度化など、 学生を取り巻く環境が大きく変化しており、また、資質、能力、知識の異なる多様な学生が増加しています。

加えて、少子化、ニート・フリーターなどの様々な社会的課題も生じており、このような中で、 大学等における学生支援においても、従来の取組に比してより一層の工夫・充実が求められています。

さらに、平成17年1月の中央教育審議会答申「我が国の高等教育の将来像」において、 早急に取り組むべき重点施策の一つとして「学生支援の充実・体系化」が取り上げられているなど、 大学等における学生支援の充実は重要な課題であり、国公私立の大学等を通じ、 競争的な環境の下で取組を支援していく必要があります。


【目的】

文部科学省では、平成19年度より、学生の人間力を高め人間性豊かな社会人を育成するため 各大学・短期大学・高等専門学校における、入学から卒業までを通じた組織的かつ総合的な学生支援のプログラムのうち、 学生の視点に立った独自の工夫や努力により特段な効果が期待される取組を含む優れたプログラムを選定し、 広く社会に情報提供するとともに、財政支援を行うことで、各大学等における学生支援機能の充実を図ることを目的とします。

概要図

里親募集!

こちらのフォームより応募出来ます。
是非プログラムにご参加ください。

※ 別ウィンドウが開きます。

コミュニケーションサイト

プログラムに参加されている里親・プチ里親・学生の方は下のボタンをクリックしてください。

※ 別ウィンドウが開きます。