学生向け情報 平成23年度卒業の里親登録学生からのメッセージが届きました

 

平成23年度卒業の里親登録学生のからのメッセージが届きました。

 

看護学科 Oさんからのメッセージ

働き始めて1ヶ月がすぎ、学生の時とは違い、自分の言葉や行動の一つ一つに責任が伴い、気が休まらない日も多いですが、その分たくさんの学びや充実感を得ています。

実際、働いて感じたのはこういう時どういう言葉をかけてあげるのがベストなのだろうか、あの言葉かけで良かったのかなと感じる場面がよくあります。里親学生支援室の行事では実際に患者さんとお話しし、意見や考えを聞ける機会が多いと思います。意外に気づかないがこういう言葉を使われると信頼しがたいとか、実際に不安を打ち明けたとき、この人に打ち明けて良かったと思えるような対処はどんなものだったのか等ということは医療者になってからはなかなか聞けないと思います。たくさんの人と関わる機会を持たせていただいてると思うので、学生だから聞けることを今のうちにいっぱい聞いて、自分が働いた時に生かしていってほしいなと思います。

 

看護学科 Kさんからのメッセージ

里親登録学生のみなさん

私は2年間という短い間でしたが、里親の先生からたくさんのことを学びました。

里親の先生を臨床家・専門家としての側面だけでなく、人生の先輩として頼ることも多くありました。

人間関係が希薄な現代において、このような機会は大変貴重だと思います。

特に、私たちは医療を施す対人専門職種です。

人間性を磨いて優しい気持ちで患者さんに接することができる温かい医療者が、求められていると思います。

くじけそうなこともたくさんあると思いますが、これからもがんばってください。

 

看護学科 Yさんからのメッセージ

里親を終えて

私は看護編入で里親に入ったので二年間の関わりしかありませんでした。一回だけ宿泊を通した研修にも参加させてもらいました。滋賀の魅力が十分に伝わり、就職する際は滋賀に就職したいと思えるようになりました。里親の人とは一度だけお会いし、救急看護の必要性や役割を丁寧に教えて頂きました。二年間ですが里親に入って良かったと思っています。機会があれば私自身も里親になりたいと思いました。滋賀に興味のある方、ない方でも里親に入れば楽しいイベントが待っていると思います。

 

里親募集!

こちらのフォームより応募出来ます。
是非プログラムにご参加ください。

※ 別ウィンドウが開きます。

コミュニケーションサイト

プログラムに参加されている里親・プチ里親・学生の方は下のボタンをクリックしてください。

※ 別ウィンドウが開きます。