講義・実習中のスマートフォン等の使用に関するFD・SD研修会を開催しました

 里親学生支援室では、平成29年3月1日(水)に看護学科棟の看護第一講義室において、FD・SD研修会を認定NPO法人滋賀医療人育成協力機構の共催として開催しました。

 

 このテーマでは平成26年度にも実施し、2度目の実施となります。

研修会では、里親学生支援室員であり、基礎看護学講座(形態・生理)の相見教授より「アンケート調査結果報告」として講演がありました。講演では別途調査した「講義・実習中のスマートフォン等の使用に関する調査」結果を基に、教職員の対応の変化や学生の要望などについて報告がありました。

続いて、学生生活支援部門長 医療情報部の永田教授とマルチメディアセンター 重歳助教から、「知っているようで知らない情報化社会の変化 学生たちに何を教える必要があるのか?」と題して講演がありました。講演では、講義資料における著作権の話があったほか、情報を安易に拡散することのリスクについて様々なタイミングで学生たちに教えていかなければならないなどのお話がありました。

その後のディスカッションでは、それぞれの講義での対応の仕方についての意見交換があったほか、学生のほとんどが電子機器を所持する状況の中「教育のインフラとして使用し、その中でモラルを育てていくことも必要ではないか」など様々な意見が聞かれました。

 

なお、今回の研修会には、県内看護学校の方々も含め、約40名の教職員の方々にご参加いただき有意義な研修になりました。

DSC_0016.JPGDSC_00142017.JPG

里親募集!

こちらのフォームより応募出来ます。
是非プログラムにご参加ください。

※ 別ウィンドウが開きます。

コミュニケーションサイト

プログラムに参加されている里親・プチ里親・学生の方は下のボタンをクリックしてください。

※ 別ウィンドウが開きます。